入門マニュアル/尾行張込みについて

堅実な技術と安心の低価格なら

探偵 東京G8リサーチ

探偵入門マニュアル

尾行張込み

お気軽にお問合せください

0120-03-6885

尾行・張込み

尾行張込み/入門マニュアル

監視活動と尾行による行動の把握と確認は、対象となる人物の行動を、張り込み・尾行という手段などを使い、対象者に気づかれることなく、監視、記録、撮影などを行い、確認した事実を正確に報告することです。

尾行張込みの注意点

尾行調査に代表される監視活動は、各種の調査結果の報告の中でも大きなウエートを占めており、案件によっては(浮気や素行など)行動確認の結果に全てが委ねられる場合も多くあります。また、正確な報告書や撮影などで取得された、いわゆる「証拠」は裁判などでも第一級の資料となります。

  • <絶対に対象者に尾行していると気づかれないこと>
  • <法令に反する行いはしない>

調査業者にとって尾行調査(監視活動)による行動の把握と確認は、素行や浮気だけでなく、裁判資料の収集・所在確認・勤務先確認・ストーカー対策・社員の不正防止など によっても必要で欠かせないものです。また、聞き込みだけではわからない「対象者の本当の姿」を把握することが出来るのも尾行調査による行動の把握です。

特に難易度の高い案件で「証拠」を取得した場合は、依頼者にとっても、調査員にとっても非常に感慨深い調査となります。それだけに尾行・撮影の技術を日々研究し、自らの技術を向上させ、さらに磨くことは調査業を行おうとするものにとって必修の事となっています。

ここでは、監視活動、特に尾行調査を①準備・計画②下見③張り込み④面取り⑤尾行⑥撮影に分け、それぞれの段階での「基本的な注意事項」を中心に説明します。また⑦として車両位置情報機器に関する取り扱いの問題点などを説明します。

このホームページでは、③から⑥は各社のノウハウに当たりますのでこれ以上の説明は省かせて頂きます。


(1)監視活動、尾行調査の準備・計画

ここでの主な注意点は次の4点です

 ①当初の依頼者から提供された情報を分析・検討
  ・対象者の人相・風体・その他の特徴(身長・体重・年齢など)を把握する
  ・行動パターン・行動範囲を分析する
  ・現場となる場所の地理的環境の把握
  ・実施日時の天候を予測

 ②調査員の選定
  ・能力・責任感のレベル
  ・調査員の体調
  ・人員数・役割の選定

 ③車両・バイクの選定
  ・必要性の有無及び使用車種の選定
  ・バイク使用の有無及び車種の選定

 ④調査器材の選定及びチェック
  ・撮影用器材の選定(カメラ・ビデオなど)及びチェック
  ・通信機の選定とチェック・携帯は必携
  ・各種充電器とバッテリー・燃料の確認
  ・服装の選定


(2)下見

尾行に必要な現地の下見は本調査を実施する前に、実際に現地に赴き、開始地点の状況や立ち寄り先などの状況を把握することで、依頼者から提供された情報では把握できない事柄や誤った情報の修正を行う事です。下見調査によって依頼者情報を基にした計画を修正する必要が生じる場合があります。また本調査を行い易くする効果があります。

 ①対象者の居住状況や周辺環境の把握
 ②勤務先や主な立ち寄り先などの確認
 ③出入り口の確認


(3)~(6)はホームページでは省かせて頂きましたのでご了承下さい。

(7)監視活動に車両位置情報機器などを使用する場合の問題点

現在これらの装置は大きく分けて(GPS利用・PHS利用の位置情報機器・電波発信機利用)の3タイプがあります。ただこれらのシステムを利用する場合には共通する問題点があります。

  1. 法令違反(通信法違反-使用目的が異なる-器物損壊の可能性-プライバシーの侵害)に当たる場合があり、逮捕や損害賠償の可能性が高い行為です。最低限のルールとして調査契約時に車両などの「所有者の承諾や協力」(会社名義の社用車など場合)、また「家族の承諾と協力」(浮気などの場合)が不可欠です。このような委任を受けた場合でも調査業者自ら取り付けることは重大な問題です。社会一般常識で、勝手に「他人の車両」などに位置情報機器を取り付ける事が如何に非常識でアウトロー的な行動かを御考え下さい。
  2. 車両の位置を判明させるもので、対象となる人の位置を判明させるものではなく、また車両から離れた人物の行動や接触した人物を判明させるものではありません。
  3. 取り外しが短時間で可能な場所に設置するケースが多い為、脱落や対象者が注意深い人物の場合には発見されるリスクが意外と高く、万一発見され警戒されると目的の達成が困難になるばかりか、再調査時の難易度が極めて高くなります。安易な使用は絶対に慎むべきです。まして靴などに取り付けると相当な違和感が生じます。
  4. 尾行撮影技術に劣った調査業者が安易にこのような機器を「使用」「宣伝広告」している場合が多く、このような業者には注意した方がよいでしょう。本当の実力と良識ある調査業者はこのような宣伝広告は行っていないとお考え下さい。

プロの調査業者による車両尾行とは、対象者の乗る車両を常に視認できる距離で、相手に気づかれることなく後をつけ、仮に移動中の何処で車をおり、また人を乗せても証拠撮影を行えるように対処し、対象者が車から徒歩で移動するようなことがあったとしても対応できる状態で調査する事をいうのです。
安易に器機に頼った「探偵もどき」の業者にご注意下さい。

秘密厳守、相談・見積りは無料

浮気調査証拠撮影素行調査縁談調査・人探し住所調査資産調査など」のご依頼はお任せください。

品川区目黒駅前

探偵事務所へのお問合せはこちら

0120-03-6885

  • 電話受付:10:00~22:00(土日・休日可)
  • メール :24h年中無休

所在地:141-0021 東京都品川区上大崎3-3-9秀和目黒駅前レジデンス4F

東京都・首都圏を中心に全国の調査に対応致します。

探偵業届出番号
東京都公安委員会30070247