競業調査の案内

堅実な技術と安心の低価格なら

探偵 東京G8リサーチ

調査の相談・見積りは無料

0120-03-6885

競業 規則違反

競業 規則違反

社員の副業・退職者の競業調査

組織を守り発展させ、真面目な社員や従業員の生活を守る義務が経営者にはあります。社員の副業や規則違反、競業により被害が取り返しのつかない大きな問題になる前に、状況を把握し対策を講じる必要があります。

競業・副業の調査

社員の副業や退職者の競業調査から素行調査・証拠撮影・身元・信用・企業調査・人探し住所調査などはお任せください。各種調査をリーズナブルな料金設定と高い技術・透明性のある調査を実施しております。

従業員の不正調査

調査方法は徹底的に規則違反や副業や規則違反、競業調査の対象者(不審な社員や従業員など)の行動を監視し、証拠写真やビデオを撮影を行います。「聞き込み」ではわからない真実の行動や社員の副業や隠れた競業の実態を報告いたします。

また、規則違反の問題-社員の副業や規則違反、競業の調査では社内やライバル社の協力がある可能性も多くありますので、不審社員や従業員の交友関係や接触した不審人物の確認もいたします。

調査は勤務中の副業調査や規則違反、勤務終了後や休日の競業の有無、協力者や交友関係の確認を行います、また副業や規則違反、競業の調査は休日の確認も重要ですので、休日を問わず24時間対応での行動監視も可能です。

社員の副業や規則違反、競業調査を行うケースとして
  • 経費や営業費の水増しを行っている社員がいる
  • 外回りの営業だが本当に仕事をしているのか怪しい
  • 支店の成績が芳しくないが、どうも社員の中で責任者の行動が怪しい
  • 社内や取引先に怪文書が流れた
  • 就業規則に違反して女子社員が副業をしているようだ、どんな仕事か
  • 最近何故か金回りがいいと言う噂を耳にした
  • ライバル会社に顧客情報が流れている兆候が
  • 社内の秘密情報が外部に持ち出された恐れが
  • 退職社員による営業妨害や社員の引き抜き
  • お客の引き抜きをしているのでは
  • 元従業員が独立し無断で競合する同じ業務の仕事をしている

上記以外にも規則違反の社員の副業調査や退職者の競業の調査が必要なケースは様々です。

<注意事項>
社内の問題に関しての調査では、秘密裏に打ち合わせを行なう必要がありますので、内密にご相談ください。

秘密厳守、相談・見積りは無料

データ調査

東京G8探偵事務所へのお問合せはこちら

0120-03-6885

  • 電話受付:10:00~22:00(土日・休日可)
  • メール :24h年中無休

所在地:141-0021 東京都品川区上大崎3-3-9秀和目黒駅前レジデンス4F

東京都・首都圏を中心に全国の調査に対応致します。

探偵業届出番号
東京都公安委員会30070247