入門マニュアル/人捜しについて

堅実な技術と安心の低価格なら

探偵 東京G8リサーチ

探偵入門マニュアル

人捜し

お気軽にお問合せください

0120-03-6885

人捜し

人捜し/入門マニュアル

所在地の把握は行方(ゆくえ)調査とも言われ、「人捜し」又は「人探し」とも言われています。

人捜しの注意点

いわゆる「人捜し」は単に連絡が取れなくなった人を探す場合と、何らかの理由で姿(所在)を隠す場合にわけられます。しかし、現実問題として「依頼」があった場合、厳密にこれらを区別することは困難です。
例えば、Aという人物を捜すためにB(仮にAの友人とします)が依頼してきた場合、Bにとってみれば単に連絡が取れなくなり、何らかの正当な理由でAさんを捜したいだけのケースかもしれません。しかし、本当はAさんに何らかの特別な理由があり友人関係も含め連絡を取らずに所在地を隠す必要があるのかもしれません。Bさんもその理由を100%知っているとは限りません。
したがって、「人捜し」「所在調査」の内容を実務的に区別しようとすれば、相談を受けた段階で「手段・方法の違い」で区別するのが妥当と考えます。同業者の方々から様々な御批判があるのは承知の上で、ここでは次の区別をしたいと思います。

  1. 所在調査―― 相談を受けた段階で、いわゆるデータ調査などにより、または、その組み合わせにより被調査人の住所などを探す場合。
  2. 行方調査―― 失踪者、家出人を捜す場合や特別の事情があり自ら姿を隠している場合などのように、本格的な調査を必要とするなど上記の範囲内では捜査できないと思われる場合。

このように区別することにより、依頼の相談をされた方への「料金の見積り」が明確に行えると共に、それぞれの調査手段のコストやリスクに関しての説明を行うことで、結果の報告に際して、お互いにトラブルの発生を回避する事が容易になると考えられますます。

(1)人捜し/相談時の注意

業にかかわる者にとって、各調査業者により呼び名は違っても「人探し」「所在調査」「行方」の依頼を受ける場合に於いては、相談者との話の中で「依頼者との関係」「依頼の目的」を察知し、一般社会での良識に反しないように心がける必要があります。場合によれば依頼を断ることも調査業を営む者の努めです。

(2)相談者に対する主な質問事項

人捜しの調査を行うには「探す対象となる方」に関しての情報が無ければ出来ません。以下の事柄を参考にして、依頼者に質問をする必要があります。そしてこれら得られた情報をもとに手順を決定し、調査を行います。
所在調査で発見可能な比較的容易なものは別として、自ら身を隠している場合などの人捜しは地道な捜索が必要となります。

 ・氏名
 ・住所・本籍地・出身地・国籍など
 ・性別・年齢・生年月日
 ・不明になった状況・日時など
 ・職業・アルバイト・取引先など
 ・配偶者の有無・家族関係・友人関係・交友関係・立ち回り先など
 ・電話番号・携帯番号・メールアドレス
 ・所有不動産
 ・出身学校関係
 ・身体の特徴(写真の有無・身長・体重・体格・髪型・めがね・癖・眼鏡の有無)
 ・健康保険の有無
 ・病歴・通院先
 ・資格の有無
 ・特技・趣味・嗜好・性格など
 ・使用車両の有無
 ・宗教関係
 ・金銭関係
 ・旅行・パスポートの有無
 ・カード・口座番号・会員権など
 ・不明時の服装・所持金額・持ち物など
 ・残された領収書の有無
 ・不審な郵便物や電話などの有無
 ・過去に不明の事例があったか

 その他にも依頼者との連絡は密にし、相談を受けた後でも依頼者が気づいた事などを連絡してもらう必要があります。また結果の報告に際して「結果として判明しなかった場合」においては、「判明した場合」より「調査の過程や内容」に関し、より詳細な報告をする義務と必要性が生じます。

秘密厳守、相談・見積りは無料

浮気調査証拠撮影素行調査結婚調査所在調査(人探し)住所調査資産調査など」のご依頼はお任せください。

品川区目黒駅前

探偵事務所へのお問合せはこちら

0120-03-6885

  • 電話受付:10:00~22:00(土日・休日可)
  • メール :24h年中無休

所在地:141-0021 東京都品川区上大崎3-3-9秀和目黒駅前レジデンス4F

東京都・首都圏を中心に全国の調査に対応致します。

探偵業届出番号
東京都公安委員会30070247