ケース別の素行調査の解説

堅実な技術で確かな証拠なら

探偵 東京G8リサーチ

浮気調査のお問合せ

0120-03-6885

ケース別の調査

ケース別の調査

典型的なパターンや事例についての概要と注意点など

素行調査の開始場所や移動手段別に案内

東京G8探偵事務所では、今までの調査の経験から、主なパターンにわけて、必要な装備や調査人員などを注意点を含めて解説しました。お客様の個々の状況に当てはまるかは分かりませんが、参考になればと考えています。

調査開始場所

勤務先からのケース

素行調査(行動監視など)で最も一般的な調査パターンです。仕事をしている配偶者(夫・妻)の仕事先からの帰宅時間が遅くなったり、残業や飲み会などとの理由をつけるなど、ある程度、行動の周期性(曜日や時間)などが把握しやすい場合や、勤務時間がある程度自由な営業系などの場合にも

自宅からのケース

依頼者が仕事に行って留守の間の時間帯の配偶者の行動に不審点があるとか、土日休日の行動を確認したいケース。また、自営業者や経営者など仕事時間がある程度自由になる方を対象にする場合など自宅を出てから何時何処で浮気相手と逢っているか予測しづらい場合など

別居先から

配偶者が単身赴任で生活しているケースや、既に別居状態(実家に帰ってしまったとか、別に住まいを借りた場合など)になってしまい、生活パターンが不明になった場合などっで、その理由に浮気や不倫が考えられる場合に

立ち寄り先から

調査の対象者が予め立ち寄る先と時間予定がわかっている(仕事の立ち寄り先・飲み会の場所・出張の宿泊先・依頼者と別れてからの行動を調査するなど)場合や空港からの調査などのケース

関係者や愛人宅やその仕事先から

事前情報(電話番号や氏名とおおよその住んでいる地域など)からの住所調査で相手(関係者。愛人)の住所がわかっている場合や配偶者を対象としての調査で相手の住まいや勤務先のどちらかが特定が出来ている場合。また、対象者の行動パターンや警戒度などを考慮した場合に、関係者又は愛人の方からの調査が難易度が低い場合など

日程から

休日出勤の場合

配偶者が休日に仕事で出勤するという場合、その出勤頻度などが不審な場合に行うケースが多いです。その場合は勤務先から調査するのではなく、万一を考えれば自宅から出勤するときから尾行した方が無難です。

不倫旅行など

出張先へ愛人と一緒に行く、また愛人と出張先で合流するなどの場合などです。またプチ旅行(一泊や日帰り)などのケース

対象者の移動手段と調査

車を尾行

調査の対象者が最初から車で移動する場合と、最初は徒歩や電車で移動した後、待ち合わせ場所から愛人の車が迎えに来る場合、また途中からタクシーで移動する場合などがあります。その傾向と対策についての説明

車両尾行とバイクの重要性

自転車

主に自宅からの調査の場合によくあるケースです。また勤務終了後の帰宅時に最寄駅から自転車で移動という場合もあります。特に電動自転車とスポーツタイプの自転車は特に大変ですので要注意です。

オートバイ

バイクを尾行するのは対象者がどのクラスのバイク(大型オートバイ・自動二輪・原付)を使用するにしても難易度が高くなります。相手がバイクの場合に車だけで尾行するのは、まず100%不可能ですから、バイクの用意が必ず必要です。

秘密厳守、相談・見積りは無料

データ調査

東京G8探偵事務所へのお問合せはこちら

0120-03-6885

  • 電話受付:10:00~22:00(土日・休日可)
  • メール :24h年中無休

所在地:141-0021 東京都品川区上大崎3-3-9秀和目黒駅前レジデンス4F

東京都・首都圏を中心に全国の調査に対応致します。

探偵業届出番号
東京都公安委員会30070247