ソニー「HDR-CX520V」を調査で使用した評価

堅実な技術と低価格なら

探偵 東京G8リサーチ

調査の相談電話番号

0120-03-6885

HDR-CX520V

探偵と名機「ハンディカムCX520V」

2009年8月にソニーから発売されたハイビジョン式のビデオで、発売開始からその基本性能の高さから、2010年から2013年頃までは殆どの探偵事務所(使い方は各自で工夫してましたが)で使っていたのではと思える程、調査現場で使用されていたビデオです。

その頃キャノン製のビデオを使用(愛用)する探偵の割合が落ちたのもこの「CX-520V」の為ではと思われるほど、調査でスタンダードな装備になっていました。

総合的にバランスの良いビデオカメラ

やや大きい(太い)以外は、これと言って大きな欠点が無く、工夫すれば、ほとんどの調査現場にも対応できる「オールマイティ」なビデオです(「でした」と過去形には、2016年春現在では、まだなっていないと思います)。

ビデオの評価基準となるHDR-CX520V

ソニーHDR-CX520V

今でも調査で使える基本性能(2016年現在)

ソニーHDR-CX520Vは、その後のGエイトリサーチがビデオ選ぶ時の基準となった製品です。そして現在でも手放せない機材の1つです。

昼間の明るい場面から、地方での真っ暗なシーンまで対応できる便利なビデオです。

暗闇での撮影に特化した「暗視スコープ」が、CX520V発売の後は探偵の間で、それほど重視されなくなったのもこの頃です。CX-520Vにはソニー得意の赤外線撮影機能がついており、スイッチ1つで明かりが全く周囲にない真っ暗闇でも撮影できるのですから。

夜間の赤外線撮影

業務用の小型強力赤外線投光器

小型赤外線投光器

但し、ビデオについている赤外線ライトだけでは暗闇での遠距離の撮影は、まず出来ませんからポケットに赤外線投光器(小型で強力なライト-カタログだと250mとありますが実際の現場では約50~100mは赤外線が届く)を忍ばせておく必要はあります。

<特徴>

  • 基本性能がよく、大きな不満は大きさ以外は特になし
  • 尾行に使うには、やや太い(バックなどに仕込んで使うなど、シーンでの工夫は必要)
  • 光学12倍ズーム(F1.8~F3.4)でデジタルズームを併用で最大150倍まで対応(調査で使用するには実質80~100倍位までズームした画質が目途)
  • スタンダード時:11lux(シャッタースピード1/60秒)
    ローラクスモード時:3lux(オートスローシャッターON、シャッタースピード1/30秒)(夜間の住宅街でも使用可能)
  • 赤外線撮影ナイトショット機能あり(小型強力赤外線ライトとセットで使えばベスト)
  • クルマの中から窓ガラス越しに外を撮影する場合に、窓ガラスにピントが合うことが多いのは欠点。

今では、ビデオもさらに小型の製品がありますから、普段の調査(一都三県の街中から住宅地ぐらいまでなら)あまり出番は無くなりました(2012年に「Everio GZ-V590」、翌2013年に「Everio GZ-VX895」を購入して)が、探偵としては修理しながらでも使っていきたい良いビデオの1つ(暗所用として)です。

ISO感度の詳細はこちら

見積り相談の手順の案内

調査のお問合せ「浮気調査証拠撮影・素行調査・結婚縁談・人探し住所調査・資産調査など」のご依頼は東京G8探偵事務所にお任せください。

秘密厳守、相談・見積りは無料

相談と見積り

東京G8探偵事務所へのお問合せはこちら

0120-03-6885

  • 電話受付:10:00~22:00(土日・休日可)
  • メール :24h年中無休

所在地:141-0021 東京都品川区上大崎3-3-9秀和目黒駅前レジデンス4F

東京都・首都圏を中心に全国の調査に対応致します。

探偵業届出番号
東京都公安委員会30070247