SANYO「Xacti DMX-CG65」の探偵による評価

堅実な技術と低価格なら

探偵 東京G8リサーチ

調査の相談見積りは無料

0120-03-6885

Xacti「DMX-CG65」

SANYO「Xacti DMX-CG65」の調査での評価

2007年4月末から販売された、光学5倍ズーム (35mmフィルム換算で38mm~190mm)、レンズの明るさは「F3.5(W)~F4.7(T)」の小型のムービーカメラです。小型で軽くポケットにも入る大きさです。ここでは、東京G8探偵事務所が調査で使用していた時の評価を記載しました。

小型のサブカメラとして使用

発売された当時としては小型軽量で、まだ探偵が調査で使用するビデオとしてはデジタル式のテープ(ミニDV)が主流だった頃(最後の頃)です。どうしてもテープ(ミニDV)ビデオの欠点をカバーするサブとしてのカメラが必要でしたので、「Xacti DMX-CG65」は3代目(1代目はCyber-shot DSC-F77、2代目はDMX-CG6)としての購入でした。

サブ器として

SANYO「Xacti DMX-CG65」

動画の撮影も実用上ぎりぎりOKした

このカメラのポイントは、メインのビデオが調査中に故障やトラブル(当時のはテープ式のミニDVで特に湿気に弱かった)を起こしても、何とか最低限の撮影は可能(慣れれば昼間はこれ一台でも十分OK)だったことです。

カメラモードだと普通の小型カメラ(モニターが可動式ーポイント)でしたが、ビデオモードだと画質は期待は出来ませんが求められる最低限の事は可能でした。

最大のポイントは、夜間に使用するための「ランプモード」という機能があり、これを使用すると、静止画だと通常は1600のISO感度が7200前後まで高感度になり東京都内や川崎横浜近郊の商業地から住宅街での撮影ならなんとか合格ライン(但し手ぶれに慣れは必要)で、動画だと最低照度2ルクスの撮影が可能で(1/15秒で)、小型で振動や雨の日にも強いという事もあり、調査現場には必ずと言ってよい程持って行ってました。なお、性能的には2代目の「Xacti DMX-CG6」と変わりません。

このカメラを使わなくなったのは、調査で本格的にハイビジョン:ビデオ(本格的にミニDVテープからメモリースティクやSDカードの時代へ)を使用し始めたのと、カード型の防水デジカメ「SONY Cyber-shot TX5」を購入した為です。

調査で探偵がメインに使うのではなく、サブ機又は非常用としての使用には適していたという評価です。

ISO感度の詳細はこちら

証拠撮影は詳しくはこちら

秘密厳守、相談・見積りは無料

品川区目黒駅前

目黒駅前徒歩3分

東京G8探偵事務所へのお問合せはこちら

0120-03-6885

  • 電話受付:10:00~22:00(土日・休日可)
  • メール :24h年中無休

所在地:141-0021 東京都品川区上大崎3-3-9秀和目黒駅前レジデンス4F

東京都・首都圏を中心に全国の調査に対応致します。

探偵業届出番号
東京都公安委員会30070247